「金」の自販機がカジノに登場(シンガポール)

  • 2014/9/25
  • 「金」の自販機がカジノに登場(シンガポール) はコメントを受け付けていません。

シンガポール、カジノ総合リゾートのマリーナ・ベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサ(RWS)に9月24日、金地金の自動販売機が設置された。金の自販機は、アラブ首長国連邦(UAE)、英国、米国に次ぎ3ヵ国目。

 

機械を設置したのはマレーシア企業のアジア・ゴールドATMで、コン・コクチー最高経営責任者はシンガポールを選んだ理由として、金に対する消費税(GST)の免除、域内の中心に位置するという立地条件、多数の観光客が外国から訪問する点を挙げた。年内に2~3台、追加設置する計画だ。

販売品目は金地金(1~10グラム)、銀の鋳塊、コインで、品位は最高の99.99%。スイスの精錬業者PAMPが鋳造した。

支払いは、現金、クレジットカード、または携帯端末による決済。釣銭は出ない。販売価格は一定時間ごとに更新する。9月24日時点の価格は1グラムの金地金で100Sドル(約8,500円)と、大華銀行(UOB)での店頭価格(77Sドル、約6,600円)より高い。

購入の際、英語、中国語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語のいずれかを画面に表示できる。装置に組み込んだカメラで自分を撮影し、電子メールで送ってもらうことも可能。

リゾート・ワールド・セントーサでの最初の客はインドネシアから来た男女の旅客で、それぞれ5グラムの地金を購入したとのこと。

 

 

 

マカオ新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る