アソビシステム株式会社 中川悠介社長「オールジャパンでクール&ビジットジャパン戦略推進を」

  • 2015/10/19
  • アソビシステム株式会社 中川悠介社長「オールジャパンでクール&ビジットジャパン戦略推進を」 はコメントを受け付けていません。

アソビシステム株式会社は「きゃりーぱみゅぱみゅ」などの著名アーティストをマネジメントすることで知られる。同社の事業理念は、日本独自の文化である 「原宿カルチャー」「原宿コンテンツ」を世界に発信すること。最近は日本のポップカルチャーまるごとを世界に発信する「もしもしにっぽん」プロジェクトに も取り組む。

今回、同社代表取締役社長の中川悠介氏に取材する機会を得た。中川氏は内閣官房のクールジャパン戦略推進会議の構成員も務める。日本のポップカルチャーのポテンシャル、そしてクールジャパンの今後について語ってもらった。

カジノを含む統合リゾート(IR)実現の目的は、観光産業の振興、文化産業の振興、地域振興である。IR議連の「特定複合観光施設区域整備法(仮 称)~IR実施法案~に関する基本的な考え方」(IR実施法案の基本的な考え方)には、IRを実現の目的として、「日本文化の世界への発信、すなわちクー ルジャパンに資すること」が明確に書き込まれている。
クールジャパン、文化発信産業の状況認識は、IR事業への取り組みにおいて不可欠である。

第3回 オールジャパンでクールジャパン、ビジットジャパン戦略推進を

日本のクールジャパンの課題と今後の在り方について教えてください。
「もしもしにっぽん」。日本のポップカルチャーまるごと海外に発信
今、私は日本のポップカルチャーまるごと(音楽、アニメ、ファッション、フードなど)を世界に発信する「もしもしにっぽん」プロジェクトに取り組んでいま す。当社のコンテンツだけでなく、また“音楽”や“アニメ”など個別の“点”ではなく、“食”や“ファッション”なども含めた日本のポップカルチャー全体 を海外に発信するのです。

「もしもしにっぽん」プロジェクトは、日本のポップカルチャーをアウトバウンドとして海外に発信すると同時に、インバウンドとして訪日外国人を増やす狙いがあります。文化の海外発信は、必然的に訪日外国人の増加と表裏一体の関係になります。

日本のファン、これから好きになってくれる人たちに日本に訪れるきっかけを作りたいと考えています。

「もしもしにっぽん」プロジェクトの4つの事業
これらを実現するために4つの事業を立ち上げました。これらは、1)国内外でのイベント展開、2)「もしもしボックス(MOSHI MOSHI BOX)」の運営、3)キュレーションなど WEBメディアの運営、4)NHK国際放送用のオリジナルテレビ番組の制作、です。

まず、イベントですが、2014年11月に「もしもしにっぽんFESTIVAL2014」を東京体育館で開催しました。これは、日本のポップカル チャーを集結し、それを主に外国人に体験してもらうイベントです。外国人は無料とし、約7,000人を集客しました。2015年には11月7日、8日に東 京体育館で行う予定です。

「もしもしボックス(MOSHI MOSHI BOX)」は情報発信型の観光案内所です。原宿では唯一の観光案内所です。原宿の商店街の人たちが外国人向けに観光案内を行い、両替や荷物の海外発送もで きるようにしました。また、オリジナルのお土産ショップ、原宿名物のクレープショップなども併設しています。

そして、インターネットメディア、テレビメディアを活用し、日本から海外のファンへ、また海外のファン同士の情報配信、交流を促進する計画です。

オールジャパンでの推進体制を
日本のポップカルチャーには大きなポテンシャルがあります。その海外発信、すなわちクールジャパン推進は、必然的に訪日外国人の増加、ビジットジャパンの推進につながります。そして、日本経済の活性化に寄与することになります。

私は「原宿カルチャー」の海外発信、そして「もしもしにっぽん」プロジェクトを進める中で、強く感じることはオールジャパン体制の重要性です。

日本の文化産業の海外展開の一つの課題は、音楽、アニメ、ファッション、食など各コンテンツのジャンルがバラバラで海外展開していることです。また、同じコンテンツジャンルにおいて、企業毎がバラバラに展開しています。

私はポップカルチャーのオールジャパン体制をつくりたい。異なるコンテンツジャンルの事業者が一体となって世界進出を目指すのです。
例えば、音楽ライブが単独で海外展開するのでなく、そこにグッズ商品のマーチャンダイジング、ファッション、食などが一体化するイメージです。また、同一のコンテンツジャンルにおいて日本国内ではライバルでも、海外展開では協力してもいいと思います。

私は2015年1月から内閣官房のクールジャパン戦略推進会議の構成員となりました。そこでもオールジャパンで世界進出を目指す重要性を強調しています。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る