アメリカ領サモア:カジノ施設設置を検討 観光ツーリズム振興策 津波からの復興に挑む

  • 2015/10/31
  • アメリカ領サモア:カジノ施設設置を検討 観光ツーリズム振興策 津波からの復興に挑む はコメントを受け付けていません。

アメリカ領サモア政府は、域内のホテル(250室)のプロジェクトについて、Request-For-Proposal(RFP)を行っている。

プロポーザルは、デザイン、建物、ファイナンス、オペレーション、メンテナンスを含む包括的な提案。政府は、国際的な認知を持つホテルブランドを求めている。

政府はカジノ施設を認可するオプションを持つ。なお、現在のところ、アメリカ領サモアにはカジノ施設はない。

一方、サモア独立国は2010年にカジノを合法化(二つのライセンス付与が可能)した。2014年8月には一つめの施設が開業。現地資本の Aggie GreyのLagoon Beach Resort Mulifanuaに設置されたWhite Sands Mulifanua(テーブル10台、スロット110台)。

サモアは2009年の津波で大きな経済的打撃を受けた。カジノの検討は、観光ツーリズムの復興が目的とする。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る