ウィンマカオのジャンケットオペレーター、従業員による盗難で多額の損害

  • 2015/10/14
  • ウィンマカオのジャンケットオペレーター、従業員による盗難で多額の損害 はコメントを受け付けていません。

先日、ウィンマカオなどでVIPルームを運営しているジャンケットオペレーター企業Dore Entertainmentで従業員による資金の盗難があった。当初は被害額が2億5,800万ドルにも上る可能性があると報じられたため、ウィンリゾー ツの株価も影響を受け、連日下落した。
その後のマカオ警察の調べでは、VIP客から申告のあった被害額は約4,300万ドル、Dore社が公表した自社の被害額は1,300万ドルとされてい る。 またウィンリゾーツは「Dore Entertainmentへの貸付金などは存在せず、今回の事件による損害はない」としている。
By resocasi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る