カジノ型介護施設、規制の動き 兵庫県が条例案可決へ

  • 2015/10/9
  • カジノ型介護施設、規制の動き 兵庫県が条例案可決へ はコメントを受け付けていません。

パチンコやマージャンなどの遊技を介護予防の主な訓練内容とするデイサービス施設や特別養護老人ホームなどを、介護事業所として指定しないとする条例改正案が9日、兵庫県議会で可決される見通しだ。ギャンブル依存につながる恐れがあるなど、介護保険法の趣旨にそぐわないと判断。こうした規制は都道府県で初となる。

条例で規制するのは、「アミューズメント型」「カジノ型」と呼ばれる介護事業所。パチンコやカードゲームなどの設備を備え、疑似通貨を使って利用時間の大半を遊技にあてるような施設で、関東を中心に増え、県内でも新設の動きがあるという。

神戸市もデイサービス施設を対象に同様の条例改正が9月下旬に成立。県は特養や介護老人保健施設などにも対象を広げる。

条例改正案は、射幸心を そそったり依存性が強くなったりする恐れのある遊技を、日常生活を逸脱して提供しない▽疑似通貨を使用しない▽内外装や備品、事業所の名称、広告などを賭 博や風俗営業を連想させるものとしない――などとしている。違反すると県が改善を指導し、従わない場合は最終的に介護事業所の指定を取り消す。

■疑似通貨でパチンコ

「ロン! やったー」「惜しかったな」。6日、横浜市都筑区の「デイサービス ラスベガス横浜都筑店」を訪ねた。兵庫県が「カジノ型」とみている施設にあたる。約200平方メートルのフロアに高齢者のにぎやかな声が響いていた。約20人が、パチンコ台やマージャン台に向かう。

施設を運営する日本エルダリーケアサービス(東京)の説明では、利用者は午前、午後に各10分間のストレッチをすると、疑似通貨「ベガス」が1日最大2万ベガス渡される。パチンコなら1千ベガスを250玉に換えて遊ぶ。その日最も多くのベガスを獲得した人が最後に表彰される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る