カンボジア:中央銀行がカジノ産業の透明化、税収増に取り組む 20億ドル市場

  • 2015/10/4
  • カンボジア:中央銀行がカジノ産業の透明化、税収増に取り組む 20億ドル市場 はコメントを受け付けていません。

現地メディアによれば、カンボジアの中央銀行(The National Bank of Cambodia)は、これまで不明瞭であったカジノ産業について、正確な統計データを収集する方針。

カンボジアはASEANの10ヶ国において、カジノを合法化する8ヶ国のうちの一つ。カンボジアのカジノ市場(GGR)はUS$2bn(約2,400億円)ほど。
法律上は内国人のカジノ利用は禁止されているが、実際上はほぼ自由のようだ。

2015年6月現在、カンボジアのカジノ64施設(2014年末には55施設)ある。カンボジアのカジノ施設は、プノンペンの大型IR(香港上場す るNAGACORPのNAGA World)、シアヌークビルの7施設、残りは国境沿いのポイペト(タイ国境)とバベット(ベトナム国境)の施設群に大別される。

カジノへの課税率は極めて低く、年間のカジノ税収はUS$25-50mnに過ぎない(カジノ市場比2%前後)。政府は年末に向けて、カジノへの課税率を倍増する法案を進めている。

なお、カンボジアの外国人訪問者数は、2014年には約450万人と前年比30万人増であった。そのツーリズム市場はUS$3bn(約3,600億円)の規模。

カンボジアはASEANの10ヶ国において、カジノを合法化する8ヶ国のうちの一つ。カンボジアのカジノ市場(GGR)はUS$2bn(約2,400億円)ほど。
法律上は内国人のカジノ利用は禁止されているが、実際上はほぼ自由のようだ。

2015年6月現在、カンボジアのカジノ64施設(2014年末には55施設)ある。カンボジアのカジノ施設は、プノンペンの大型IR(香港上場す るNAGACORPのNAGA World)、シアヌークビルの7施設、残りは国境沿いのポイペト(タイ国境)とバベット(ベトナム国境)の施設群に大別される。

カジノへの課税率は極めて低く、年間のカジノ税収はUS$25-50mnに過ぎない(カジノ市場比2%前後)。政府は年末に向けて、カジノへの課税率を倍増する法案を進めている。

なお、カンボジアの外国人訪問者数は、2014年には約450万人と前年比30万人増であった。そのツーリズム市場はUS$3bn(約3,600億円)の規模。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る