ゲーミング産業最大の祭典「G2E2015」開幕=現地レポート

  • 2015/10/4
  • ゲーミング産業最大の祭典「G2E2015」開幕=現地レポート はコメントを受け付けていません。

米国ラスベガス大通のサンズ・エキスポ・コンベンションセンターにてグローバル・ゲーミング・エキスポ(G2E)2015が開幕。世界中のカジノ関連機器メーカーやオペレーターを始めとする業界のエキスパートが一同に集結した。

9月29日から10月2日の3日間の日程で行われる このイベントは、アメリカ・ゲーミング協会とリード・エグジビションズ社による共同開催であり、最新のゲーミング機器や技術の展示に加え、各種セミナーやカンファレンスなど充実した内容で国際的な評価も高い。

業界の注目として、スロットマシンにおけるスキルベース(技術介入)型の法制化がある。展示会場では多くの試作ゲームの展示が期待されていたが、大手メーカーはブースの一部でインベーダーゲームやギター演奏ゲームのようなスキルゲームを展示するに留まっている。
スキルゲームの導入については、先般ネバダ州が方針として法制化に踏み切ったものの、規制当局や認証機関において、その定義、範囲、基準など様々なケースを検証している段階でもあり、各メーカーが今後の方向性を見守っている。

また、昨年より、業界ではスロット機器メーカーの吸収合併が相次いでおり、ジーテック・ホールディングス社がインターナショナル・ゲーム・テクノロ ジー(IGT)社を吸収したことは業界を驚かせた。さらにサイエンティフィック・ゲーム社がバリー・テクノロジー社を買収したことも記憶に新しく、数年前 までほとんど名も知られていなかったこの企業が、統合した多くの老舗ブランドの製品を広大なブースで紹介していることも、業界の変化を窺わせている。

北米や欧州の主要機器メーカーがこのような吸収合併により、それぞれの特許や技術を持ち寄り競争力を高めていく中で、日系のゲーミング企業は独自の技術力と戦略で対峙することになる。

今年のG2Eの試みとして「インテグレイテッド・リゾート(IR)ゾーン」が設置された。IRの中でもカジノ以外のノン・ゲーミング事業を中心に、 ホテル、エンターテイメント、MICE、美食や健康などのコンセプトを1860平米のゾーンで125の企業や団体が紹介し、来場者を魅了していた。

今年で15年目を迎えるG2E。主催者発表によると昨年の開催では26000人の来場者を記録しており、今年はさらに多くの来場者が見込まれているという。

現地レポート:㈱GCM 鶴岡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る