サイパン:Imperial Pacific 暫定カジノ施設を拡張、11月27日に正式開業 その先のIR開発を強調

  • 2015/11/6
  • サイパン:Imperial Pacific 暫定カジノ施設を拡張、11月27日に正式開業 その先のIR開発を強調 はコメントを受け付けていません。

北マリアナ諸島(Commonwealth of the Northern Mariana Islands、CNMI)はプエルトリコと並ぶ、米国のコモンウェルス(米国自治連邦区)である。北マリアナ諸島は14の島から成る。
サイパンはCNMI最大の島である。サイパンの住民は6万人弱、年間訪問者数は50万人弱。

11月3日、Imperial Pacificは暫定カジノ施設が11月27日にグランドオープンすると発表。テーブル数は約50台に拡張する。11月1日にVIPテーブルのオペレーションを開始し、12月からジャンケットとの協業を開始する。
そのうえで、暫定カジノ施設をスタートに、ワールドクラスのIR開発を進める方針を強調した。

サイパンは2014年にカジノを合法化し、大規模なカジノを含む統合リゾート(IR)の公募を実施。2014年8月にBest Sunshine(香港取引所上場のImperial Pacific International Holdings Limitedの現地子会社)が唯一の応募として、選定された。付与されたライセンス期間は、25年間(15年の延長オプション)。
Imperial Pacificが提案したプロジェクトの総投資額は$3bnとも、$7.1bnとも言われる壮大なもの(第五期まで累計)。

2015年3月、Imperial PacificはCNMI政府とライセンス契約の修正に合意。合意は、大規模なIRを開設する前に、テンポラリーな暫定カジノ施設の開業を可能とした。

2015年7月、暫定カジノ施設がソフトオープン。ソフトオープン時の施設規模は、投資額$25mn、テーブル10台、スロット48台であり、DFST Galleriaの一階フロアを賃借。
そして、今回の暫定カジノ施設の拡張とグランドオープンの運びとなった。

Imperial Pacificは、政府との交渉を経て、IRへの大規模投資を行う前に、商業地に中規模のカジノ単独施設の開業に成功した。
今後、当初提案通り、壮大なIRの投資を進めるか注目される。

なお、Imperial Pacificは、カジノを含む統合リゾート(IR)の第一期を2016年末までに開業させる方針を打ち出している。第一期の投資額 は$600mn(720億円)、カジノフロアはテーブル300台、スロット500台。ゲーミング売上高の構成は、マスが40%、VIPが60%。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る