スロットマシン大手 IGT, Scientific Games 3Q実績 経営は厳しい。買収に伴う借入増、市場縮小

  • 2015/11/14
  • スロットマシン大手 IGT, Scientific Games 3Q実績 経営は厳しい。買収に伴う借入増、市場縮小 はコメントを受け付けていません。

9日にScientific Games、12日にIGTが3Q実績を発表。

Scientific Gamesは、アメリカの宝くじ販売機器メーカであったが、2013年にWMS、2014年にBally Technologiesを買収。米国二位。

IGTは、イタリア宝くじ販売機器メーカーGTECH社が米国スロットマシン最大手のIGT買収し、社名をIGTに変更して成立。GTECHが存続会社となる。米国一位。

Scientific Games、IGTとも巨額の買収による借入金増、欧米のスロットマシン市場の低迷の結果、業績は厳しい。それぞれ、有利子負債が過剰である。

とくに、Scientific Gamesの業績は厳しい。

<Scientific Games>
2014年11月21日にBally Technologiesを買収。ゆえに、前年同期にはBally Technologiesは含まれていない。

3Q(7-9月)業績:
・売上高$672mn、YoY62%減、営業損失$588mn(前年同期は$8mnの損失)、当期損失$678mn(前年同期は$70mnの損失)
・Bally、WMSの買収に関わる営業権、無形固定資産の減損、統合コストなど$648mnを計上
・9月末のネット有利子負債は$8,308mnと巨額。買収に伴う借入金増加

3Q累計(1-9月)業績:
・売上高$2,022mn、YoY66%増、営業損失$570mn(前値同期は$16mnの損失)、当期損失$867mn(前年同期は$187mnの損失)

<IGT>
2015年4月に買収手続きが完了。新IGTの財務レポート数値は、2015年1QまでGTECH単体、2015年2Q以降は旧GTECと旧IGTの連結値となる。
ここでは、前年比較のため、2014年1Qまで過去に遡求し、GTECHとIGTを連結した数値(Proforma)を使用。

3Q(7-9月)業績:
・売上高$1,215mn、YoY18%減、調整後EBITDAは$414mn、YoY23%減、調整後営業利益(買収に伴う会計上の費用を控除)$258mn、YoY26%減
・レポート業績は、営業利益$130mn、支払利息負担$117mn、株主帰属当期利益$7mn。支払利息負担が営業利益を打ち消す構図
・9月末のネット有利子負債は$8,196mnと巨額。買収に伴う借入金増加
・地域別の業績:
-北米ゲーミング=売上高$341mn、営業利益$85mn
-北米宝くじ=売上高$253mn、営業利益$50mn
-国際=売上高$211mn、営業利益$37mn
-イタリア=売上高$414mn、営業利益$131mn

3Q累計(1-9月)業績:
・レポート業績は、売上高$3,372mn、営業利益$408mn、株主帰属当期利益$158mnの赤字

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る