フィリピンのカジノ、日本進出に意欲 日本企業と提携交渉報道

  • 2014/6/24
  • フィリピンのカジノ、日本進出に意欲 日本企業と提携交渉報道 はコメントを受け付けていません。

フィリピンで大型カジノリゾートを運営する「ブルームベリー・リゾーツ」は、日本への進出を検討している。

比地元紙によると、カジノ解禁をにらんですでに日本企業と提携交渉を始めたという。

日本のカジノ解禁に向けた論議は世界のカジノ大手運営事業者から注目を集めており、マレーシアや米国、オーストラリアの企業も参入を検討している。

ブルームベリー社のエンリケ・ラゾン社長は港湾ビジネスも手掛ける比有数の富豪。

同社は総工費12億ドル(約1200億円)を投じ、2013年3月に「ソレア・リゾート&カジノ」をマニラ首都圏に開業した。

中国人富裕層なども訪れ、14年1~3月期の売上高は73億8千万ペソ(約169億7千万円)だった。

「ソレア・リゾート&カジノ」

 

比政府はカジノ産業を新たな観光資源にしたい考えで、アジアでも有数の規模に成長するとみられている。

今夏には、マカオでカジノを運営する香港の新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント)も巨大カジノリゾートをマニラで開業する予定だ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る