フィリピンの2016年ゲーミング売上、市場コンセンサスを下回る見通し

  • 2015/10/31
  • フィリピンの2016年ゲーミング売上、市場コンセンサスを下回る見通し はコメントを受け付けていません。

モルガンスタンレー・リサーチの発表によると、フィリピンの2016年のゲーミング売上は前年比8%増の16億ドル程度となる見通しで、市場コンセンサス の21%を大きく下回る模様となった。売上増の大部分は今年2月に公式オープンしたメルコクラウンのシティオブドリームズがもたらすと予想され、それ以外 のリゾーツワールドマニラやソレアリゾートのゲーミング売上増は3%程度にとどまるとみている。伸率縮小の主な要因はVIP市場の低迷となっている。また シティオブドリームズはじめ、各社のVIP集客はマカオをベースとしたジャンケットオペレーターに依存する割合が高まっているとみられることから、信用取 引の割合が増加し、回収不能のリスクが高まると懸念される。 By resocasi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る