フィリピン:Bloomberry 3Q業績 3四半期連続の赤字ながら改善傾向。中期的には競合激化が懸念

  • 2015/11/4
  • フィリピン:Bloomberry 3Q業績 3四半期連続の赤字ながら改善傾向。中期的には競合激化が懸念 はコメントを受け付けていません。

*1フィリピンペソ(PHP)≒2.7円

3日、BLOOMBERRY RESORTSが3Q実績を発表。

BLOOMBERRY RESORTSはマニラ・エンタテインメントシティのSolaire Resort and Casinoを運営。

当期損益は7-9月は3四半期連続の赤字。2014年11月のSky Towerの完成、2015年5月より連結対象の韓国済州島のGolden and Luxury(株式96.23%所有)のリノベーションコスト。

ただし、赤字額は縮小傾向。当期損益は、1QがPHP533mnの赤字、2QがPHP787mnの赤字、3QがPHP187mnの赤字。フィリピン事業の損益が改善してきた。

2014年のフィリピンのカジノ市場は$2.5bn、YoY16%増。中期的に年率10%前後の成長見通しである一方、IRの施設の供給量は大幅に増加する傾向。事業収支は楽観しにくい。

3Q(7-9月)業績:
・売上高はPHP7,079mn、YoY29%増、税引き前損益はPHP636mn、YoY73%減、当期損益はPHP187mnの赤字(前年同期はPHP992mnの黒字)
・円換算は売上高は約191億円、税引き前損益は17億円、当期損益は5億円の赤字

3Q累計(1-9月)業績:
・売上高はPHP19,365mn、YoY15%増、税引き前損益はPHP491mn、YoY90%減、当期損益はPHP1,494mnの赤字(前年同期はPHP3,299mnの黒字)
・円換算は売上高は約523億円、税引き前損益は13億円、当期損益は40億円の赤字

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る