フィリピン:Resorts World Bayshoreプロジェクト 住居棟を追加開発し、総投資額は14億ドルへ拡大

  • 2015/11/4
  • フィリピン:Resorts World Bayshoreプロジェクト 住居棟を追加開発し、総投資額は14億ドルへ拡大 はコメントを受け付けていません。

2日、Travellers International Hotel Group(TIHGI)、Megaworld Corporation(Megaworld)は、マニラエンタテインメントシティにおいて開発中のResorts World Bayshoreプロジェクトにおいて、$300mn相当の住居棟を追加開発すると発表。
Resorts World Bayshoreプロジェクトの総投資額は、$1.1bn(約1,300億円)から、$1.4bn(1,700億円)に拡大することになる。

Resorts World Bayshoreプロジェクトは、二つのパートに分かれることになる。一つは、TIHGI(95%を所有するWestside City Resorts Worldを通じて)が開発を行うカジノを含む統合リゾート(IR)部分(投資額$1.1bn=約1,400億円)。
もう一つは、TIHGIとMegaworldの合弁会社(Manila Bayshore Property Holdings)が開発する住居棟部分(投資額$300mn)である。

Resorts World Bayshoreプロジェクトの敷地面積は31ha、IR部分は2014年9月に着工し、2018年4Q開業予定。住居棟部分まで含めた、プロジェクト全体の完成は2020年4Qである。

なお、TIHGIは、フィリピンのAlliance Global Group(TIHGIへの所有率52.1%)とGenting Hong Kong(同35.9%)の合弁会社。MegaworldはAlliance Global Group(Megaworldへの所有率64.0%)の子会社。
複雑な資本関係である。

現在、マニラで稼働中のIRは、Travellers International Hotel GroupのResorts World Manira、エンタテインメントシティではBloomberryのSolaire Resort and Casino、そして2014年12月開業のMelco Crown PhilippinesのCity of Dreams Manilaである。

今後、既存設備の拡張に加え、エンタテインメントシティにおいて、ユニバーサルエンタテインメント(現地Tiger Resorts Leisure and Entertainment)のManila Bay Resorts(投資額US$2bn=2,400億円、2016年12月完成予定)、そしてResorts World Bayshoreプロジェクトがある。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る