フィリピン:Travellers IHG 3Q業績 大幅減収減益。競合、中国人VIP減 中期的な競争激化懸念

  • 2015/11/15
  • フィリピン:Travellers IHG 3Q業績 大幅減収減益。競合、中国人VIP減 中期的な競争激化懸念 はコメントを受け付けていません。

*1フィリピンペソ(PHP)≒2.7円

13日、Travellers International Hotel Groupが3Q実績を発表。

3日にはBloomberry Resorts、6日にはMelco Crown (Philippines) Resortsが3Q実績を発表しており、これでIR大手3社の業績が出揃った。

Travellers International Hotel GroupはフィリピンのAlliance Global Group(52.1%)とGenting Hong Kong(35.9%)の合弁会社。マニラ国際空港の隣にResorts World Manilaを運営する。

減収減益。3QはYoY25%減収。エンタテインメントシティの施設群(BLOOMBERRY RESORTSのSolaire Resort and Casino、Melco Crown PhilippinesのCity of Dreams Manila)との競合、中国人VIPの減少。
一方、中国人VIP獲得のための集客コスト(Promotinal Allowance、ジャンケットコミッション)が拡大。

2014年のフィリピンのカジノ市場は$2.5bn、YoY16%増。中期的に年率10%前後の成長見通しである一方、IRの施設の供給量は大幅に増加する傾向。事業収支は楽観しにくい。

3Q(7-9月)業績:
・売上高はPHP5,473mn、YoY25%減、営業利益はPHP1,055mn、YoY38%減、当期利益はPHP466mn、YoY59%減
・円換算は、売上高は約148億円、営業利益は28億円、当期利益は13億円

3Q累計(1-9月)業績:
・売上高はPHP17,949mn、YoY17%減、営業利益はPHP3,929mn、YoY21%減、当期利益はPHP2,830mn、YoY29%減。
・円換算は、売上高は約485億円、営業利益は106億円、当期利益は76億円

開発計画:
・Resorts World Manilaの第二期(2016年1Qに完了予定)、第三期が進行中。9月末までに二期にPHP11.3bn(305億円)、第三期にPHP5.3bn(143億円)を投資。
計画通りに進行中
・エンタテインメントシティではBayshore City Resorts World Projectが進行中。投資額US$11億ドル(1,300億円)。2014年9月に着工、2018年4Qに完成予定。

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
・「海外主要オペレーター」

カジノIR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る