ベトナム:IR市場テコ入れへ 3つの大型IR追加、投資要件緩和、内国人の入場を限定許可

  • 2015/11/20
  • ベトナム:IR市場テコ入れへ 3つの大型IR追加、投資要件緩和、内国人の入場を限定許可 はコメントを受け付けていません。

Macau Gaming Shown 2015(11月17-19日)、Augustine Ha Ton Vinh氏(ベトナム政府へのギャンブル法制のアドバイザー、Stellar Group)が登壇。ベトナムのカジノ法制の方向性を示した。

ポイントは、
1)政府はHo Tramに続き、3つの大型のカジノを含む統合リゾート(IR)を許可する方針
2)現在の草案では、IRライセンス付与において、事業者に対して40億米ドルの投資額のミニマムコミットメントを求めた。これを、緩和する方針。ミニマムコミットメントを20億べドルにするなど。ライセンス期間は15年
3)内国人の入場を可能とする法整備が進行中(現在は内国人の入場は認められていない)。法案は2016年2月から3月にリリースされる見通し。内国人のカジノ入場の要件は、20歳以上、月収750ドル以上、入場料を一回当たり50ドル徴収(年間パスは500ドル)
内国人の入場は、まずは2年間のパイロット運用で、Ho Tramで実施する考え。

ベトナムの2014年の外国人専用カジノを含む統合リゾート(IR)の合計の売上高(GGR)は1.37兆ベトナムドン(US$61.56mn≒74億円)であった。カジノ売上課税率は約40%ほど。
現状では、大型IRの実現は経済的に困難と言わざるを得ない。

こうした中、ASEANの観光競争に対抗するために、政府はIR強化を検討している。その施策の目玉は、内国人の入場を一定条件下で認めること。

調査機関によれば、内国人の入場が可能となった場合のベトナムのカジノ市場のポテンシャルは30億ドル(約3,600億円)、GDPの押し上げ効果は0.58%と予想する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る