マカオでカジノ自己除外プログラムの利用が増加傾

  • 2015/10/27
  • マカオでカジノ自己除外プログラムの利用が増加傾 はコメントを受け付けていません。

マカオで今年のカジノ自己除外プログラムの利用者が、昨年を上回り過去最高となりそうだ。2012年11月に導入された自己除外プログラムの利用者は昨年が前年比+10人の262人、今年は1-9月までの3カ月で245人に達しており昨年を抜くとみられる。
このプログラムは最長2年で、延長することも可能。違反すると1年以下の懲役もしくは罰金が科せられる可能性がある。 By resocasi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る