マカオに行く前に知っておきたい「三公バカラ」の基本ルールとは?その2

通常のバカラの場合、10、そしてJ(ジャック・11)、Q(クイーン・12)、K(キング・13)の3枚の絵札の点数は「0」となりますね。
特に絵札については「Picture Card(ピクチャー・カード)」もしくは「Face Card」と呼ばれ、点数ゼロの「あまり嬉しくない札」と捉えられ気味です。

スクイーズの時にピクチャーカード独特のフレーム(額)が出てきてガッカリ…なんて経験をした人も多いのではないでしょうか?
さて、「三公バカラ」でも基本的なルールはバカラと同じなので、10と絵札の通常点数が「ゼロ」であることに変わりはありません。

しかし独自ルールとして「3枚のカードが全てピクチャーカード」の場合、手札として最強となり「勝ち」が決まります。
通常のバカラとはピクチャー・カードの扱いがずいぶん変わることになりますね。

ただし数字カード「10」については「ピクチャー・カード(絵札)」には含まれないため、通常のバカラと同様「点数0」のままですし、役となることもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る