マカオのカジノ、コスト削減はまず広告費用から

  • 2015/10/6
  • マカオのカジノ、コスト削減はまず広告費用から はコメントを受け付けていません。

モルガンスタンレーグループのレポートによると、まだ底の見えてこないマカオのゲーミング業界では、カジノオペレーター各社が広告費削減によるコストカッ トに動きだしているという。本来ならば営業経費の60-70%を占める人件費やジャンケットオペレーターへのコミッションを削ることが最も効果的であり、 実際に既存施設では人手も余っているのだが、コタイにオープンする新しい施設のためにスタッフを抱えておかざるを得ない状況のようだ。こうした中、各社が 費用を削り始めたのが宣伝広告費である。2015年の上半期は、サンズが前年同期比14%、ウィンが22%、MGMが27%の広告費をそれぞれ削減、 2012-2013年当時のレベルに逆戻りしているという。 By resocasi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る