マカオ政府、ジャンケットオペレーターの会計基準を厳格化へ

  • 2015/11/5
  • マカオ政府、ジャンケットオペレーターの会計基準を厳格化へ はコメントを受け付けていません。

マカオ政府博彩監察協調局は、来年よりジャンケットオペレーター各社に会計基準の厳格化を求めると発表した。業界の透明性を高めるための措置だが、中国の景気減速、政府の不正取締り強化によって、既に大幅な売上げダウンを余儀なくされてきたジャンケットオペレーター各社にとっては、一層の試練となりそうだ。ジャンケット業界大手のネプチューングループは2015年6月末の決算報告で1億ドルを超える純損失を計上。同社のHuang会長は「VIP市場は底を打ったようだが、回復の速度は『かたつむり』並みに遅い。今後1年以内に市場に目立った回復がなければ、マカオのジャンケット業から撤退することも考える」とすら語っている。By resocasi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る