マカオ:政府の事業者へのテーブルアロケーションの考え方 許認可を都市の運営・設計に活用

  • 2015/10/25
  • マカオ:政府の事業者へのテーブルアロケーションの考え方 許認可を都市の運営・設計に活用 はコメントを受け付けていません。

20日、マカオ経済財政庁のLionel Leong長官がStudio City(運営会社はStudio City International Holdings。Melco Crown Entertainmentが株式の60%を所有)、Galaxy Macau(運営会社はGalaxy Entertainment Group)に対して、それぞれマステーブル250台(新規)、100台(追加)を割り当てを発表した。

その際、テーブルアロケーションについての方針を改めて説明した。
まず、テーブル数割当のポリシーは、マカオの観光レジャー都市への変貌、産業の多様化の実現に資すること。
総量管理については、政府は2013年1月1日から10年間のマカオ全体のテーブル数の拡張ペースについて、年率3%以内に抑制する方針(9月末5,819台)。
追加テーブル数は、原則、マスマーケット用(VIPではなく、)に使用されるべきである。
そして、新規プロジェクトへのテーブル割当数を決定する要素は、1)マカオの観光レジャー都市への変貌に資する、2)ノンゲーミング部分の規模、3)地元の中小企業の育成に資する、である。

マカオ政府は、事業者への許認可をカジノ産業の統制、そして、マカオの都市の設計にうまく利用している。許認可には、コンセッションの付与と継続、2)新規プロジェクトにおける土地の利用、3)テーブル数割当、などがある。
マカオのカジノのコンセッション(営業権)の期間は20年間であり、各社とも2020年、2022年に満期を迎える。仮に、更新されない場合、すべての設備は対価なしに、マカオ政府に移管することになる。

また、長官は10月のカジノ市場がYoY20%減と、2015年前半のYoY40%減よりもマイナス幅が緩和する見通しを示した。10月には中国側のゴールデンウィークが貢献した。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る