マカオ:現地レポート 総投資額6700億円!Galaxy Macau第2期&Broadway Macau開業

マカオのカジノ経営ライセンス保有する6社の一角、ギャラクシーエンターテインメントグループ(以下、GEG)が開発を進めてきた大型IR(統合型リゾート)プロジェクト「ギャラクシーマカオ」第2期及び「ブロードウェイマカオ」が5月27日午後5時に開業を果たした。
GEGはマカオ半島に「スターワールドホテル」、コタイ地区に「ギャラクシーマカオ」の両旗艦施設を展開するほか、マカオ半島の3ホテル内に衛星カジノ「シティクラブ」を展開する。
「ギャラクシーマカオ」は2011年5月に第1期が開業済み。「ブロードウェイマカオ」はギャラクシーマカオと通りを隔てて隣接する立地にあり、旧グランドワルドホテルを買収、リブランドしたもの。
「ギャラクシーマカオ」第2期及び「ブロードウェイマカオ」の開業により、「ギャラクシーマカオ」のサイズは一気に2倍の110万平米となった。広告キャンペーンでも「ダブルサイズ」を最大のセールスポイントにしている。
施設の中身はどのようにパワーアップしたのかをみていこう。まず、ホテルについては、リッツカールトンマカオ、JWマリオットホテルマカオ、ブロードウェイホテルの3ホテルが同時オープンし、第1期で開業済みのバンヤンツリーマカオ、ホテルオークラマカオ、ギャラクシーホテルを含む合計ホテル客室数は4000室へ拡大した。
単一リゾートに6つのホテルが入る例はマカオでも唯一となる。
カジノについては、既存のギャラクシーカジノを拡張したほか、ブロードウェイマカオカジノを新設している。なお、このタイミングでGEGがカジノ当局から認可を得た新規ゲーミングテーブル数は150台だった。設計上は500台が収納可能といわれているが、ギャラクシーマカオカジノの拡張部、ブロードウェイマカオカジノを見学したところ、ゲーミングテーブルとカジノマシンをバランスよく配置しており、十分な「密度」を感じることができた。
なお、ギャラクシーマカオカジノの既存フロアについては、大型ライブ中継型ゲーミングシステムの導入、同時に多人数が着席可能な大型バカラテーブルの設置などが見受けられ、割り当てゲーミングテーブルの有効活用を追求する姿勢が伺えた。
ノンゲーミング要素では、ギャラクシーマカオの巨大カジノフロアの外周にあるショッピングプロムナードが「O」の字型につながり、ショップ数は約200店舗にまで拡大。ショッピングプロムナード及びホテル内の飲食施設に就いても約120店に増えている。
カジノの真上にあたる屋上デッキ部分には、世界最大規模の波の出るプールに加え、流れるプールなどを追加。
ブロードウェイマカオには3000席規模の多目的シアター、ローカルレストランを集めたグルメストリートが入る。「ギャラクシーマカオ」と「ブロードウェイマカオ」は連絡橋で直結している。
今回、マス及びプレミアムマス市場をターゲットにしたレジャー・エンターテインメント施設を多数盛り込まれたことが特徴的だ。
GEGの発表によると、「ギャラクシーマカオ」の第1期と第2期、「ブロードウェイマカオ」を合わせた総投資額は430億香港ドル(日本円換算:約6700億円)に上るという。今後「ギャラクシーマカオ」は第3期、第4期の拡張プロジェクトを計画している。GEGでは、マカオへの累計投資額について、1000香港ドル(約1兆5675億円)をコミットするとしている。
なお、「ギャラクシーマカオ」及び「ブロードウェイマカオ」の来客数は1日平均7万人、このうち5割が中国本土、2割が香港・マカオ、その他は韓国、日本、台湾からの旅客が占めると見込み、今後、東南アジア市場の新規開拓にも努める考えという。ホテル客室数は4000室に増えるが、稼働率はこれまで通りの95%を維持できると強気の姿勢をみせた。
マカオのカジノ売上が昨年6月から今年4月まで11ヶ月連続で前年割れとなる逆風下の船出となるが、ノンゲーミングに重点を置いた新しいタイプのIR施設としてマカオに新風を吹き込むことが期待される。

ブロードウェイマカオカジノ=5月25日撮影
取材・執筆:勝部悠人(「マカオ新聞」編集長)
カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る