マカオ:Melco Crown Studio Cty ローン・コベナンツ見直し成功 資本再編は起こらず

  • 2015/11/19
  • マカオ:Melco Crown Studio Cty ローン・コベナンツ見直し成功 資本再編は起こらず はコメントを受け付けていません。

18日、Melco Crown Entertainment(Melco)は子会社であり、Studio Cityを所有運営するStudio City Company Limited(Melcoが株式60%を所有)が14億米ドル(2018年1月満期)のローンの条件変更について、レンダー(Bank of China、Industrial & Commercial Bank of Chinaなど)と合意に至ったと発表。

Studio Cityは総投資額32億ドルのコタイ地区の大型IRであり、10月27日に開業した。その開業の一週間ほど前に、Studio City Company Limitedは、マカオ政府からカジノテーブル数の割当の通知(250台)を受けた。そのテーブル割当数が、ローンのコベナンツ(契約条項)に定められ た最低400台(2016年10月まで)を下回ったため、Studio City Company Limitedはレンダーとの条項見直しに取り組まざるを得なかった。

金融市場では、このローン条件見直しを契機に、Studio City Company Limitedの株主構成見直しが行われる可能性を指摘する向きがあった。

Studio City Company Limitedの株主構成は、Melcoが60%、残り40%はファンド運営会社のSilver Point Capital、Oaktree Capital Managementが所有(エンティティ”New Cotai”経由)。
Melcoは2011年に$360mn(約430億円)を投じ、株式60%相当を買い取った経緯がある。

Melcoにとっては、Studio Cityは、Altira Macau、City of Dreamsに続くマカオにおける三つめの大型施設であり、完全子会社(100%所有)が望ましい。ファンド運営会社からすれば、出口戦略を検討するタイ ミングだけに、Melcoがこのタイミングで少数株主分を買い取るとの観測が台頭した。

結果として、今回は株主構成の変化なしに、ローン条件が変更が成功したようだ。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る