マカオ:Melco Crown 3Q業績 四半期営業利益は底打ち。マカオ、フィリピンとも改善トレンドへ

  • 2015/11/7
  • マカオ:Melco Crown 3Q業績 四半期営業利益は底打ち。マカオ、フィリピンとも改善トレンドへ はコメントを受け付けていません。

5日、Melco Crown Entertainmentが(MCE)が3Q実績を発表。

引き続き、City of Dreamsの黒字を、Studio CityとCity of Dreams Manilaの赤字が相殺し、営業利益はほぼ損益均衡の構図。

四半期の営業利益は、1-3月はUS$60mn、4-6月はUS$22mn、7-9月はUS$34mn。今後、Studio Cityの開業費が一巡し、City of Dreams Manilaの損益改善が期待できる。営業利益は底打ちしたと考えられる。

フィリピンCity of Dreams Manilaの赤字縮小が顕著。City of Dreams Manilaの赤字幅は、1-3月はUS$51mn、4-6月はUS$21mn、7-9月はUS$7mnであった。

10月27日に開業したStudio Cityのホテル(1600室)は、足元の稼働率90%台で先きの予約は順調。

CEOであるローレンスホー氏は、マカオ政府の方針が2014年から2015年前半までから一転し、市場テコ入れを意識していると指摘。今後、 VIP市場がかつての最盛期に戻ることはないものの、マスマーケットが成長すると予想。2016年のマカオ市場のGGRが横バイから微増との見解を示した (マーケットコンセンサスを支持)。

3Q(7-9月)業績:
・売上高US$946mn、YoY24%減、調整後EBITDAはUS$237mn、YoY22%減、営業利益US$34mn、YoY77%減、株主帰属当期利益US$33mn、YoY75%減
・円換算は、売上高1,135億円、調整後EBITDAは284億円、営業利益41億円、株主帰属当期利益40億円
・プロパティ別の営業利益
Altira Macau=US$5.7mn、YoY60%減
Mocha=US$5.4mn、YoY18%減
City of Dreams=US$139.4mn、YoY37%減
Studio City=US$57.8mnの赤字(前年同期はUS$15mnの赤字)
City of Dreams Manila=US$7.1mnの赤字(前年同期はUS$29.8mnの赤字)

3Q累計(1-9月)業績:
・売上高US$2,917mn、YoY21%減、調整後EBITDAはUS$695.6mn、YoY31%減、営業利益US$116mn、YoY80%減、株主帰属当期利益US$101mn、YoY85%増
・円換算は、売上高3,500億円、調整後EBITDAは139億円、営業利益139億円、株主帰属当期利益121億円

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る