マカオ:Studio City コベナンツ抵触の方向 まずは債権者と協議へ Melcoとの資本再編の可能性

  • 2015/10/25
  • マカオ:Studio City コベナンツ抵触の方向 まずは債権者と協議へ Melcoとの資本再編の可能性 はコメントを受け付けていません。

20日、マカオ政府はStudio City(運営会社はStudio City International Holdings。Melco Crown Entertainmentが株式の60%を所有)へのテーブル数割当を250台と発表した。

Studio Cityは10月27日の開業予定であり、総投資額$2.3bn(約2,800億円)。Melco Crown Entertainment(Melco)にとっては、Altira Macau、City of Dreamsに続くマカオでは三つめの大型施設となる。

Studio City Developmentsの現在の株主構成は、Melcoが60%、残り40%はファンド運営会社のSilver Point Capital、Oaktree Capital Managementが所有(エンティティ”New Cotai”経由)。
Melcoは2011年に$360mn(約430億円)を投じ、株式60%相当を買い取った。

Studio City International HoldingsはHK$10.85bn($1.4bn、約1,700億円)のローンを抱えており、そのコベナンツ(契約条項)にはテーブルが最低400 台(2016年10月まで)との定めがある。今回のテーブル数割当は、条項に抵触する方向性が明らかとなったわけだ。

こうした状況下、Studio City International Holdingsがとり得る選択肢は、1)Melcoと交渉し、既存施設City of Dreams、AltiraのテーブルをStudio Cityに移動し、コベナンツをキープ、2)債権者と交渉し、貸出条件の変更行う(手数料、金利、担保の条件が厳しくなる)、である。

Melcoとしては、100%所有であるCity of Dreams、Altiraのテーブルを、60%所有であるStudio City International Holdingsに、移動するためには対価を求めることになる。

こうした中、株式市場において、Melcoが近く、Studio City International Holdingsの少数株主持ち分(40%分)を買い取るとの観測が浮上している。現状は、Melcoにとって、Silver Point Capital、Oaktree Capital Managementから株式を買い取る交渉の好機ともいえるだろう。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る