マレーシア:政府が違法オンラインギャンブル対策に法改正へ

  • 2015/11/27
  • マレーシア:政府が違法オンラインギャンブル対策に法改正へ はコメントを受け付けていません。

マレーシア政府は違法オンラインギャンブルを撲滅するための法改正に乗り出す。

これまでの法体系では、警察は効果的な違法オンラインギャンブルの取り締まりを実行できなかった。11月現在、警察は109,000件の踏み込み捜査(インターネットカフェなど)を行ったが、5,834件しか成功しなかった。

関連法は、通信マルチメディア関連法(Communications and Multimedia Act)、ロッテリー関連法(Lotteries Act 1952)、賭博関連法(Common Gaming House Act 1953 and Betting Ordinance 1953)。

マレーシアでは、ライセンスを受けないギャンブルはすべて非合法。ただし、これまでオンラインについては、明文化された規制がなかった。

ギャンブルは、社会コストを伴うことから、政府の規制対象である。特定ギャンブルは、社会ベネフィットが社会コストを有意に上回る場合に限り、政府の管理下(許認可、ライセンス制)で、産業化される。

カジノIRジャパンでは、カジノを含む統合リゾート(IR)は産業化される資格を満たすと考えている。一方、オンラインギャンブルは、産業化される資格を満たすとは考えていない。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る