マレーシア:Genting Malaysia 3Q実績 主力のマレーシアは順調 英国が大苦戦

  • 2015/11/27
  • マレーシア:Genting Malaysia 3Q実績 主力のマレーシアは順調 英国が大苦戦 はコメントを受け付けていません。

11月26日、Genting Malaysiaが3Q実績を発表。

Genting Malaysiaは、Gentingグループにおけるカジノを含む統合リゾート(IR)分野の中核企業であり、主にマレーシア、英国、米国の事業を担当する。

マレーシアではResorts World Genting、英国では小型カジノを40施設強(9月末時点)、米国ではResorts World New York city、Resorts World Biminiを運営する。

なお、シンガポールのResorts World SentosaはGenting Singapore、フィリピンのResort World Manila(Travellers International Hotel Group)への出資はGenting

マレーシア事業は堅調。東南アジア、中華圏からの集客。英国は国際ビジネスが弱い中、ホールド悪化が影響し、大幅赤字。米国はResorts World Biminiの先行投資期。

なおい、英国では10月21日に、同国初の本格的なカジノを含む統合リゾート(IR)Resorts World Birminghamが開業した。

3Q(7-9月)業績:
・売上高はRM2,028mn、YoY9%減、調整後EBITDAはRM744mn、YoY29%増、当期利益はRM315mn、YoY24%増
・エリア別
-マレーシア:売上高はRM1,410mn、YoY9%増、調整後EBITDAはRM521mn、YoY26%増
-英国:売上高はRM269mn、YoY60%減、調整後EBITDAはRM87mnの赤字(前年同期比はRM146mnの黒字)
-米国:売上高はRM313mn、YoY38%増、調整後EBITDAはRM5mn、YoY34%減
・円換算は、売上高は588億円、調整後EBITDAは216億円、当期利益は91億円

3Q累計(1-9月)業績:
・売上高はRM6,104mn、YoY1%減、調整後EBITDAはRM1,788mn、YoY9%増、当期利益RM897mn、YoY6%増
・円換算は、売上高は1,770億円、調整後EBITDAは519億円、当期利益は260億円

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る