ユニバーサルE Wynn Resortsとの紛争 ネバダ州裁判所が岡田氏を事情聴取に招聘

  • 2015/10/19
  • ユニバーサルE Wynn Resortsとの紛争 ネバダ州裁判所が岡田氏を事情聴取に招聘 はコメントを受け付けていません。

BLOOMBERGによれば、ネバダ州裁判所はユニバーサルエンターテインメントの創業CEOである岡田和生氏を10日間の事情聴取に招聘している。岡田氏は地方裁判所の招聘を拒否すべく、控訴したものの、ネバダ州最高裁は地方裁判所の判断を支持した。

2012年2月、Wynn Resortsは、岡田氏を株主として不適格と判断し、その保有株(19.6%)を強制ディスカウント買い戻しすると発表した。その件に関する聴取。

なお、ユニバーサルエンターテインメントはすでに買い戻しの対価として、19億ドル相当の約束手形を渡されている(時価より8億ドルのディスカウント)。

2015年、米国司法省は、Wynn Resortsの主張、すなわちユニバーサルエンターテインメントがネバダ子会社をフィリピンにおける違法な資金供与のために使用、に対する調査を開始した。
一方、ユニバーサルエンターテインメントは、3月に、フィリピンの当局の調査は収賄がなかったと結論を出したとし、米国の調査も近く証拠不足として終息する見通しを公表した。

Wynn Resorts、ユニバーサルエンターテインメントの間の紛争はまだ続くようだ。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る