三公バカラの「和」って何?

マカオ独特のゲームである「三公バカラ」(スリー・カード・バカラ)ですが、ゲーム内の様々な呼称なども通常のバカラとは異なることがあります。

代表的なのが「TIE」(引き分け)の呼称でしょう。
もちろん通常のバカラと同様、三公バカラでも「親」(ディーラー)と「子」(プレイヤー)が同点引き分けとなることはあります。

しかしこのような時これを「TIE」とは呼びません。
引き分けのことは「和」と呼ばれています。

ただし日本語読みで「わ」と読んでも通じないので、現地語風に「ウォー」「ウォ」と呼んだ方が通じやすいですね。

マカオが初めてのカジノという人の場合、全てのゲームが初挑戦なのでこのような呼称の違いにもすぐに慣れるようですが、カジノ慣れしている人の方が却って混乱をきたすこともあるようです。

単に「呼称が違う」というだけでなく、「引き分け」という概念自体が三公バカラでは大きく異なってくるため、呼称と一緒に覚えておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る