介護各社、運動サービス競う ツクイはデータでやる気刺激=日本経済新聞

  • 2015/7/23
  • 介護各社、運動サービス競う ツクイはデータでやる気刺激=日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。

日本経済新聞によれば、介護サービス大手が相次いで新たなサービスに取り組んでいる。背景には、収益源である介護報酬が4月から減額されて経営環境が厳しくなったこともあるが、同時に、運動や遊びなどを通じて重症化を防ぐこと、利用者の満足度向上につなげる狙いもある。

日本エルダリーケアサービス(東京・港)ではデイサービス施設に模擬カジノを設置。模擬カジノは脳を活性化させ、認知症の予防につながる効果があるそうだ。
認知症予防に模擬カジノを活用する試みは「日本エルダリーケアサービス」のみでなく、全国各地にある。

カジノは基本的にルールがシンプルで、射幸心という人間の本能に根差すサービス。それゆえに、依存症のリスクを適正に対処することが求められる反面、幅広い層に強いエンタテインメントサービスとなり得る。
カジノが新たな満足を与えることができる対象には、国内の富裕層、高齢者などがある。むろん、事業者が富裕層、高齢者から得る収益は適切に社会還元される。

実際、海外ではカジノ施設が地域の高齢者の憩いの場、コミュニティとなっていることも多いようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る