北海道:加森観光 加森公人社長「留寿都村、洞爺、定山渓、ニセコと一緒にIRを実現」

  • 2015/11/15
  • 北海道:加森観光 加森公人社長「留寿都村、洞爺、定山渓、ニセコと一緒にIRを実現」 はコメントを受け付けていません。

10日、読売新聞が加森観光 加森公人社長のインタビューを掲載。

北海道の観光について:
加森社長は、現状を”現実は厳しい”と総括。訪日外国人は急増するものの、観光客の大半を占める国内客の不振の影響が大きいとした。
北海道の観光客のうち、日本人が97%、海外客が3%。構成比3%の海外客が2.5倍に増加しても、国内客の弱含みは全体に与えるインパクトは大きい。国内客の弱さは、所得、消費支出に起因。
そのうえで、国内客の活性化として、北海道新幹線開業に期待。新幹線は当面は函館までであるが、そこからJRやバスなど交通機関を組み合わせ、道東、道央、道北への誘客を促す施策が重要。

カジノを含む統合リゾート(IR)誘致について:
加森社長は、留寿都村と強調し、カジノを含む統合リゾート(IR)を誘致する考え。IRを留寿都村だけでなく、周辺の洞爺、定山渓、ニセコと連携し、一緒に実現する方針。相互に送客などを説明し、多くの方は賛成してくれている。


カジノIRジャパン:
6月に北海道庁 経済部観光局は北海道型IR検討調査報告書を公開した。そこでは、道庁は誘致を検討している自治体として、苫小牧市(拠点空港隣接型)、留寿都村(高原リゾート型)、釧路市阿寒湖温泉(エコリゾート型)の3カ所を挙げた。

加森社長は留寿都村への誘致の立場。一方、やはり北海道の観光の有力者である鶴雅グループ代表の大西雅之氏は、釧路市阿寒湖温泉への誘致の立場。ちなみに、大西氏は首相官邸の「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(9日に第一回)の構成委員(有識者)である。

今後、北海道内の誘致の動きがどのように展開するか注目される。

なお、6月に開催された国際観光産業振興議案連盟(IR議連)総会では、推進自治体として北海道庁がプレゼンテーション。国への要望事項として、以下を求めた。
1)北海道は広大。ワンオペレーター1拠点でなく、他の地域へのアネックスを可能とする制度を検討してほしい
2)北海道内、道外の人々に異なる(カジノフロアへの)入場料の設定を可能とする制度

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る