千葉県成田市:IR誘致推進協議会 市に成田空港周辺へのIR誘致の要望書。4年連続(13日) 

  • 2015/10/23
  • 千葉県成田市:IR誘致推進協議会 市に成田空港周辺へのIR誘致の要望書。4年連続(13日)  はコメントを受け付けていません。

10月13日、成田市のIR誘致推進協議会は小泉一成・成田市長、伊藤竹夫・市議会議長あてに早急な調査検討を求める要望書を提出した。IR誘致推進協議会は2012年の設立。成田市の法人、個人の約80名で構成する。会長は諸岡孝昭氏(成田商工会議所顧問)。
IR誘致の要望書は4年連続。

10月20日に開催された千葉市、成田市 初の合同IR意見交換会は、その提案の直後のタイミングとなった。
千葉県:千葉市、成田市 初の合同IR意見交換会 県の誘致エネルギー向上へ。IR法案成立を期待

IR誘致推進協議会は、県内の千葉市の動きが顕著であり、時間とともに成田市が不利になる競合関係を懸念、市に対して早期の取り組みを要望した。

市は、MICE単体の整備の可能性を検討し、事業採算性の点から民間による実現は困難との判断を得た経緯がある。これに対してIR誘致推進協議会は、民間事業者がMICEを含めた整備が可能となるIR導入を検討すべきとした。

一方、小泉市長は、MICE整備を検討すべきだが、施設整備費は800-900億円と大きく、市単独では負担が大き過ぎるとし、民間による整備の道筋を極める方針とした。ただし、IRに対する方針については明言しなかった。

日本ではIR推進法案の成立が後ろずれしている。政治を後押しする力、すなわちIR実現の原動力は、各地域(政治、自治体、産業界、住民)の誘致エネルギーの総和である。
地域における誘致エネルギーの熱量は、IR法制後の国による地域選定を勝ち抜く最大の武器となる。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る