国内ニュース海外ニュース地方IRレポートインタヴュー&特集記事IR関連企業情報&株価IR経済マスコミ・メディア 韓国:クルーズ船への外国人専用カジノ設置の関連法令承認。内国人入場の議論は停止

  • 2015/7/29
  • 国内ニュース海外ニュース地方IRレポートインタヴュー&特集記事IR関連企業情報&株価IR経済マスコミ・メディア 韓国:クルーズ船への外国人専用カジノ設置の関連法令承認。内国人入場の議論は停止 はコメントを受け付けていません。

7月28日、韓国政府は海洋水産部の関連法令を正式に承認。これにより、2016年には韓国籍のクルーズ船が外国人専用カジノを備えることなる。
韓国政府はクルーズ船事業を育成する方針を持ち、すでに2015年1月にクルーズ法を可決し、韓国籍のクルーズ船が外国人専用カジノを設置できる方針は決定していた。

法令ではクルーズ船が外国人専用カジノを設置する要件として、投資適格の格付けを持ち、カジノのサイズは10万トンの船に対して2,600㎡未満、10万トン以下の船に対して1,300㎡未満。
カジノは外国為替取引のブース、文化体育観光部が承認した内部コンピュータを具備する。
カジノは領海内では運営禁止で、公海上のみの営業。

クルーズ業界は、関連法令が定めた外国人関連カジノは、1兆ウォン(約1,070億円)の経済効果、8,000人の雇用を生むと試算。

クルーズ船において、社交の場としてのカジノは重要なアトラクション。国際海洋法条約により、クルーズ船カジノは公海上、および、一定の条件下において領海上でも船籍国の法律に従うことになる。
まずは、韓国政府はクルーズ船産業のテコ入れのため、外国人専用カジノ設置に乗り出したわけだ。

一方、5月には海洋水産部は船上カジノに内国人の入場を認めるクルーズ法改正案を国会へ提出することを検討した経緯がある。しかし、文化体育観光部やカンウォンランド(内国人が入場可能な唯一の施設)の反対もあり、現在のところ、内国人入場の議論は停止しているようだ。

なお、言うまでもなく、日本籍のクルーズ船はカジノは場所を問わず禁止である。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る