大阪市:「大阪カジノ構想」は夢幻 関西財界にも不協和 五輪後どうなる=産経新聞

  • 2015/7/29
  • 大阪市:「大阪カジノ構想」は夢幻 関西財界にも不協和 五輪後どうなる=産経新聞 はコメントを受け付けていません。

産経新聞が現状の大阪市のIR誘致活動の最近の動向、誘致推進派がやきもきしている状況をレポート。とくに、大阪市と経済界のすれ違いにフォーカスしている。
各地のIR誘致レースは、IR推進法が成立する前から始まっている。記事は、その中で大阪市は官民が一体になれずに、時間が経過しているとまとめた。

経済団体では関西経済同友会はIR誘致に積極的であるが、関西経済連合会、大阪商工会議所は方針が明確化していない。関西経済連合会、大阪商工会議所とも幹部陣のIRへの考えはさまざまで、まとめまっていない様子を紹介。

既報の通り、7月7日、松井府知事、橋下市長、3経済団体である関西経済連合会の森会長、関西経済同友会の村尾代表幹事、大阪商工会議所の佐藤会頭が会合を持った。
ここで、大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭(京阪電気鉄道最高顧問)がIRありきでなく、大阪市の街づくりのビジョンを先に打ち出すべきと主張し、橋下市長はビジョンはすでにあると回答するやり取りがあった。

関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)も一年前に、橋下市長と同じやり取りを行ったとのこと。
一方、関西経済連合会で観光戦略を担当する角和夫副会長(阪急阪神ホールディングス社長)は「IR=カジノという発想ではなく、家族で楽しめるエンターテインメント型のIRを」との持論を展開しているとのこと。

経済団体は方針決定に全会一致を要する場合があり、IR誘致のけん引役になりにくい。方針決定に影響力を持つ全員が十分な時間をかけてIRを理解することは困難であり、各自がバラバラの理解の元に、リスク回避型の発言に終始することになる。

IR推進法についても、IR誘致についても強いリーダーシップが欠かせない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る