大阪市:南海電鉄が奮起 ミナミ活性化の新プロジェクト カジノ誘致の行方が懸念=産経新聞

産経新聞が南海電気鉄道の訪日外国人拡大の戦略を特集した。南海電鉄は大阪南部、和歌山県を地盤とし、関西国際空港から大阪市の中心部へのアクセスを持つ。訪日外国人、関連事業の拡大を重視している。
南海電鉄の山中会長の発言が紹介されている。

南海電鉄は2018年9月に難波に高層複合ビル「新南海会館ビル(仮称)」(事業費400億円)を開業する。そこにはオフィスなどに加え、医療ツーリズムや日本文化体験に利用できる施設をフォーチャーする予定。

一方、山中会長は大阪市IRについては関西国際空港のアクセスを担う電鉄会社として積極的に事業参画する意欲を示した。IR事業にはバス事業を活用した交通アクセス、施設運営などを視野に入れているとのこと。
会長は大阪経済的な地盤沈下をIRで食い止める考えのようだ。

記事は大阪市のIR誘致活動の先行きを懸念しつつ、関西産業界の奮起に期待して締めくくった。

29日のIR*ゲ ー ミ ン グ学会総会でも、IR議連が産業界に対し、表に出て、応援の声を出すことを強く要望した。
産業界でも多くの企業はIR推進法案が成立するまでは、表に出ず、活動を水面下とする例が多い。日本におけるIRの必要性を十分に理解しながらも、世間のネガティブな視線を避けるため。
IR推進法と産業界のサポートは鶏と卵の関係である。

南海電鉄のように地元の将来を考え、自らリスクをとって、カジノを含む統合リゾート(IR)誘致を表明する企業が、実際にIR事業が実現する際に報われることを願う。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る