大阪市:大阪のにぎわいづくり 何が必要? 大阪商工会議所 会頭 佐藤茂雄氏=朝日新聞

  • 2015/11/5
  • 大阪市:大阪のにぎわいづくり 何が必要? 大阪商工会議所 会頭 佐藤茂雄氏=朝日新聞 はコメントを受け付けていません。

大阪市のカジノを含む統合リゾート(IR)誘致に関する報道は、7月末以降、ほとんどなくなった。最近になり、11月22日の大阪府・市のダブル選の公約でひさしぶりに話題となっているぐらい。
背景は、1)5月の都構想の否決後、政治的な牽引力が低下、2)経済団体の足並みがそろっていない、3)この結果、大阪市、経済界がすれ違い、など。

経済団体では、関西経済同友会はIR誘致に積極的であるが、関西経済連合会、大阪商工会議所は方針が明確化していない。むろん、関西経済連合会、大阪商工会議所にもIR誘致賛成は多いものの、幹部陣において非積極派が存在する状況。

今回、朝日新聞が大阪商工会議所 会頭 佐藤茂雄氏(京阪電気鉄道最高顧問)にインタビューを行った。佐藤氏は経済団体トップの中でも、IR慎重派である。
7月には大阪市、経済界トップの会合が開催された。そこで、佐藤氏はIRありきでなく、大阪市の街づくりのビジョンを先に打ち出すべきと主張。一方、橋下市長はビジョンはすでにあると回答した。

佐藤氏の見解のポイント:
1)中国人観光客に過度に依存すべきではない。中国政府が旅行を制限したり、中国側で日本商品の供給を強化すれば、容易にトレンドは変わる。
2)MICE施設を再強化すべき。インテックス大阪、大阪国際会議場などの主力施設は、狭く、老朽化し、競争力が低下。
3)IRについて。IR誘致もいいが、目新しいものに飛びつくのでなく、先にMICE再強化、観光資源の活用を優先すべき。
4)東京一極集中について。世界における日本の視点では、東京の発展はむしろ望ましい。大阪はアジアで評価される都市を目指すべき。

佐藤氏は、IRには反対ではなく、やるべき対策に着実に取り組むことを望んでいるようだ。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る