日本PFI・PPP協会 植田理事長 第6回「大企業に加え、地域企業も積極的にIR事業参画を」

  • 2015/10/4
  • 日本PFI・PPP協会 植田理事長 第6回「大企業に加え、地域企業も積極的にIR事業参画を」 はコメントを受け付けていません。

特定非営利活動法人「日本PFI・PPP協会」は1999年設立であり、16年間、地方公共団体、民間企業に対してPFI・PPP事業方式の考え方を啓 蒙・支援し、政府・関係機関に対する政策提言を行ってきた。植田理事長は2010年からIRのポテンシャルに着目し、その実現に向けた活動を行ってきた。
第6回は事業の当事者、担い手である企業に対する提言。全国区の大企業のみならず、地域の企業も積極的にIR事業に参画し、実現に取り組むべきとの考え。日本産業界が、海外の経験ノウハウを吸収し、日本独自のIRスタイルを確立する重要性を説いた。

第6回 全国区の大企業に加え、地域の企業も積極的にIR事業に参画を

IR事業への関わり方は大きく二つ
IRは地域の経済、観光振興に大きく寄与します。地域の将来を守る当事者は、地方自治体であり、地方の企業です。IRには地方自治体と同時に、地域の企業 が積極的に関わるべきです。IRは産業の裾野が非常に広い事業であり、全国区の大企業のみならず、地域の企業も多面的に関わることができるはずです。

産業界のIR事業への関り方は大きく二つあります。一つは、IR事業体のパートナーとなること、つまりエクイティのオーナー(株式所有、株主)となることです。もう一つは、IR事業体への財サービスの提供です。

全国区の大企業、地域の企業それぞれにビジネスチャンス
IR事業体のパートナーとしては、まずは大型開発事業で重要な役割を果たす全国区の大企業が考えられます。例えば、不動産開発、建設、金融、技術、運営など様々な専門性を持つ各業界のトップクラスの企業群が考えられます。

しかし、IR事業体の組成の方法、IRの形態によっては、規模を問わず、地域の企業がパートナー(株式所有)となる可能性は十分にあります。

一方、IR事業体への財サービスの提供ですが、ここでは地域の企業が多面的に関与できます。まず、直接的には、土木・建設、造園、ビルメンテナン ス、運営に関わるさまざまな物品やサービスの提供が考えられます。さらに、間接的には農業、水産業など一次産業まで多様な産業が恩恵を受けることになりま す。

米国やシンガポールなどのIRには、調達額や雇用において、ホストコミュニティ(地域)からの調達比率を一定以上に義務化する例もあります。

全国区の大企業、地域の企業それぞれが当事者の意識を
IRに関わる全国区の大企業は、需要サイドとして積極的にIRの効用や必要性を、日本社会にアピールすることが望まれます。

一方、地域企業は、地方自治体とともに、IR誘致の主体的な役割を果たすべきです。地元社会におけるIR誘致の合意形成が大きな役割になります。

例えば、北海道の苫小牧市では、市長がIR誘致を公約に掲げて当選しています。行政として誘致を推進する方針が決まっているならば、地元の産業界は 地域社会の合意形成を積極的にサポートすべきです。自治体が誘致に成功すれば、地元産業界は自ら恩恵を受けるわけです。地元の産業界は、他人事ではなく、 自らが当事者、自らが需要サイドの意識を強く持つべきです。

海外カジノオペレーターも需要サイド。日本産業界は積極的に経験ノウハウ吸収を
海外のカジノオペレーターも、日本のIR開発において、重要な役割を担うプレイヤーであり、需要サイドです。

日本、日本の産業界は海外にある経験やノウハウを学ぶべきです。IRにはむろんカジノだけでなく、ホテル、コンベンションセンター、ショッピング モールがあり、それぞれが複合的に連動し、最適な運営が求められます。それぞれの個別パーツが部分最適するのではありません。パーツが相互に有機的に関係 し、全体最適するのです。そこには、海外の経営手法が参考になります。

また、海外カジノオペレーターの責任あるゲーミング(レスポンシブルゲーミング)、社会コストへの対応も学ぶべきです。例えば、依存症対策、反社会勢力排除、青少年保護の手法などです。
学べるものは、どんどん学ぶべきです。

ただし、もちろん海外の経験やノウハウは、そのままでは日本に導入できません。政治、行政、法制度、産業構造、そして社会コストの環境などは国により異なります。
日本の産業界が海外の経験ノウハウを学び、それを取り入れて、日本型のスタイルで実践すればいいのです。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る