松沢しげふみ参議院議員 第20回政経フォーラム『IRと地域経済再生の可能性』(9月30日)

  • 2015/10/7
  • 松沢しげふみ参議院議員 第20回政経フォーラム『IRと地域経済再生の可能性』(9月30日) はコメントを受け付けていません。

9月30日、横浜市内において、松沢しげふみ参議院議員が第20回政経フォーラム『IRと地域経済再生の可能性』を開催した。IRの有力候補地と目 される横浜市において、IRに焦点を当てたフォーラムであり、参加者数は経済界を中心に500名を超える大型イベントとなった。

松沢参議院議員は、10年以上前、神奈川県知事の時代にラスベガスを訪問したことを契機に、カジノを含む統合リゾート(IR)を研究し、そして政策として推進する立場となった。
実際、IR推進法案は4月28日に自民党・維新の党・次世代の党の3党により、衆議院に再提出された。松沢参議院議員は当時の次世代の党の幹事長であり、IR推進法案の再提出に尽力した経緯がある。
また、4月8-11日にはカジノIRジャパンのインタビューにご協力いただき、IRの観光、街づくりへの、都市再生への考えを語ってもらった。

 

プログラムは、まず松沢参議院議員の国政報告、続いて国際カジノ研究所 所長の木曽崇氏、キャピタル&イノベーション株式会社(カジノIRジャパン運営、編集)の小池隆由のプレゼンテーション、最後にパネルディスカッション。

松沢参議院議員は、IRはカジノ単独施設ではなく、さまざまな観光施設を統合するリゾートであり、その可能性と問題点を議論することが重要とした。 自身の政治信念として、「自民党でもない、民主党でもない第三極の改革勢力をつくり日本の政治を再生する」を貫くことを強調した。

国際カジノ研究所 所長の木曽崇氏のテーマは「統合型リゾート導入の考え方」。木曽氏はまずIRの定義を明確化したうえで、地域社会がいかにIRを活用し、広域観光経済の促進に活用するかが重要とした。そのためには、IRと既存の広域観光資源との連動をポイントとなる。

キャピタル&イノベーション株式会社(カジノIRジャパン運営、編集)の小池隆由のテーマは「カジノを含む統合リゾート(IR) 事業コンソーシアム参画のすすめ」。
地元企業が積極的にIR事業コンソーシアムに参画(創業、株主)すべきことを強調。日本のIR制度は、地元のことを一番考えている地元企業が事業の中心になることをサポートしている。

パネルディスカッションのテーマは、「カジノの負の側面への対策」「横浜、神奈川の地域特性を活かしたIRの在り方」「IRの横浜市、神奈川県、地方自治体へのメリット」「日本のIRの先行国との差別化」など。
それぞれ、松沢議員が司会となり、木曽氏、小池が議論する展開となった。

松沢しげふみ参議院議員HP:
活動報告-9月30日に「第20回松沢しげふみ政経フォーラム『IRと地域経済再生の可能性』」が開催されました

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る