欧州:キプロス 欧州初の大型IR 事業者選定プロセス まずは6事業者がEOI提出

  • 2015/10/6
  • 欧州:キプロス 欧州初の大型IR 事業者選定プロセス まずは6事業者がEOI提出 はコメントを受け付けていません。

9月18日、キプロス政府はカジノを含む統合リゾート(IR)の事業者選定プロセスの第一段階であるExpressions-Of-Interest(EOI)を開始。政府は現在までに6事業者が提出したことを明らかとした。

政府の事業者選定プロセスは二段階方式で、第一段階はExpressions-Of-Interest(EOI)、第二段階がRequest-For-Proposal(RFP)。EOIで候補者を絞り、RFPで最終選定する。
EOIの提出期間は9月18日から12月18日、政府は期限後45日ほどでEOIの事業者絞り込み結果を発表する予定。なお、事業者はEOIの提出に€10,000(135万円)を支払う必要がある。

6事業者は、マレーシアのGentingグループ、カンボジアのNagaCorp、米国のHard Rock、南アフリカ共和国のSun International、フランスのBouyguesなど。Bouyguesはオンラインゲーミング事業者である。
政府はまだEOIの初期であり、今後、さらなる事業者が応募するとみている。

7月にキプロスではカジノ合法化した。政府は一つのIR事業者を承認予定。選定された事業者は、メイン施設、4つのサテライトカジノ(3つのスロットアウトレット、1つのテーブルを含む小型カジノ)の開設を許可される。
政府は2018年の開業を目指す。

メイン施設はカジノ、リテイルモール、レストラン、エンタテインメントを含むカジノを含む統合リゾート(IR)。欧州や中東には存在しないIRであり、ラスベガス式の大型施設を想定。
プロジェクトのミニマム要件は、ホテル500室(five-star)、ゲーミングテーブル100台、スロット1,000台。
カジノライセンス期間は30年(最初の15年は排他的独占権)。

ライセンス事業者による政府への拠出は、カジノ売上課税(GGR)15%、ライセンスフィー(当初4年はEURO2.5mn、次の4年はEURO5mn、その後は4年ごとに見直し)。

欧州では小型カジノが多数点在するものの、大型施設は少ない。キプロスは欧州初のラスベガス式IRを目指す。

キプロス政府HP該当ページ:
Republic of Cyprus, Ministry of Energy, Commerce, Industry and Tourism – Commencement of the licensing procedure for the Republic of Cyprus Integrated Casino Resort

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る