海航集団、ホテルへの追加出資協議=日本経済新聞

  • 2015/10/23
  • 海航集団、ホテルへの追加出資協議=日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。

日本経済新聞によれば、中国の海航集団(HNA)は、南アフリカ共和国をベースとするカジノを含む統合リゾート(IR)事業者であるTsogo Sun Holdingsへの追加出資に向けて協議を進めている。
HNAは現在、5%の株式を保有するが、8%分を追加取得する意向。

HNAは中国の航空4位である海南航空を傘下に持つ。中国内の成長力の低下を受けて、海外の観光産業への出資を積極化。

カジノIRジャパンの調べでは、Tsogo Sun Holdingsは、世界に14のカジノを含むリゾートを保有。2015年3月期業績は、ネット売上高113億南アフリカランド(約1,017億円)、営 業利益30億南アフリカランド(約274億円)、株主帰属当期利益17億南アフリカランド(約150億円)。株式時価総額は245億南アフリカランド(約 2,200億円)。

南アフリカ共和国のカジノ市場は約2,000億円と、アフリカでは突出している。EMEA(欧州、中東、アフリカ)においても、南アフリカ共和国の市場規模は有数である。

中国、アジアの観光レジャー産業は、積極的に世界に投資し、業容を拡大している。そして、カジノを含む統合リゾート(IR)を観光レジャー分野の基幹産業と位置づけている。

最近のアジアのIR事業者のアジア外への投資の動きには、フィリピンBloomberry Resorts(CEOエンリケ・ラゾン氏)のアルゼンチンへの展開、MelcoLot、Melco International Development(ローレンス・ホー氏)のスペインへの展開がある。また、マレーシアのGentingグループは、早くから米国、英国に展開してい る、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る