米国:オンラインカジノ禁止法 支持得られず、推進者が作戦変更 アデルソン氏のサポート実らず

  • 2015/10/16
  • 米国:オンラインカジノ禁止法 支持得られず、推進者が作戦変更 アデルソン氏のサポート実らず はコメントを受け付けていません。

米国ではLas Vegas SandsのCEOであるシェルドン・アデルソン氏が、オンラインカジノ禁止法をサポートしている。ただし、州レベルでも、連邦レベルでも議会のトラクションは得られてない。

そうした中、連邦レベルでは、推進者は新しい戦略、すなわち、2年間の連邦政府による調査期間(モラトリアム期間)を設け、その間、新しい州がオンラインカジノを合法化することを禁じる法案、を持ち出した。
ただし、議会の専門家は、新しい戦略も議会の支持を得るのは容易ではないと考えている。

シェルドン・アデルソン氏がオンラインカジノ禁止法を推進するインセンティブの一つは、ランドカジノとの競合リスク。
一方、オンラインカジノ禁止法に反対する立場は、1)現実に違法なオフショアなオンラインカジノ事業者を食い止められず、監督できていない、2)連邦レベルの禁止は、州の自治権に対する侵害となる、など。

現在、米国では州レベルでは、ニュージャージー州、ネバダ州、デラウェア州がオンラインカジノを合法化。一方、新たに7つの州が合法化を検討している。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る