米国:コネチカット州 両部族の新施設のRFP終了 想定以上の誘致提案 MGM Springfieldに対抗へ 

  • 2015/11/10
  • 米国:コネチカット州 両部族の新施設のRFP終了 想定以上の誘致提案 MGM Springfieldに対抗へ  はコメントを受け付けていません。

6日、コネチカット州のMashantucket Pequot部族(The Foxwoods Resort Casino運営)、Mohegan部族(The Mohegan Sun運営)が行っていた、州内3つめのカジノ施設の区域選定のRequest-For-Proposal(RFP)が終了した。
開発会社はMMCT Venture(両部族の合弁会社)であり、MMCT Ventureが誘致を希望する区域から応募を得る形式。区域は、所有者、自治体が共同で応札した。

最終的に5つの区域から申請があった。両部族はRFPへの反応、誘致エリアのエネルギーは想定以上であったとコメント。当初、両部族は2-3区域からの提案を想定していた。

今後、両部族は12月15日までに区域を選定し、2016年2月から始まる州議会で承認を得て、開発を開始する予定。

新施設の規模は、開発費は$200-300mn(約240-360億円)、スロット2,000台、テーブル100から150台。両部族のフラッグシップの施設と比べれば、小型であり、サテライトの位置づけ。

新施設の目的は、明確にマサチューセッツ州のMGM Springfield(投資額$800mn、コネチカット州との州境に位置。完成は2018年8月、開業は2018年9月5日、スロット3000台、テーブル100台)への対抗策。
コネチカット州住民の流出食い止めである。

両部族の新施設は、カジノフロアに限れば、MGM Springfieldと同規模。開発期間はおおむね12-15ヶ月。両部族はコネチカット州のサポートも得て、MGM Springfieldより1年以上、早い開業を目指す。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る