米国:ジョージア州 Las Vegas Sands 20億ドル計画打ち上げ。実現すれば、南西部最大の案件に

  • 2015/10/23
  • 米国:ジョージア州 Las Vegas Sands 20億ドル計画打ち上げ。実現すれば、南西部最大の案件に はコメントを受け付けていません。

米国では50州のうち、40の州にカジノがあり(コマーシャル、トライバル、あるいは両方。施設数は1,000ヵ所弱)、10の州にはカジノがない。
ジョージア州は南部の保守的な文化を持ち、カジノがない10州の一つである。

ジョージア州では再びカジノ合法化(州憲法改正)が検討されている。州内の各地区に合計6のカジノIRを設置する法案(アトランタ地区は二つ)。
今後、州の両院議会が同法案をそれぞれ2/3以上で支持すれば、2016年に憲法改正が住民投票にかけられる。

ジョージア州アトランタは米国においてはカジノ、IRを持たない最大級の都市の一つ。世界でも利用者が最大級の空港、米国最大級のコンベンション機能を持つ。
法案は施設数を限定しており、カジノを含む統合リゾート(IR)が実現すれば、南西部で最大級の収益性が期待される。

ジョージア州では、すでにMGM Resortsがロビーイングを先行させ、10億ドルの投資計画(従業員3,500人)を打ち出していた。
最近になり、Las Vegas Resortsがロビーイングに参入。Las Vegas Resortsは、CEOであるシェルドン・アデルソン氏の政治への影響力(共和党への献金を通じた)や人脈を武器とする。ここにきて、20億ドル計画を打ち上げた。

10月に入り、Nathan Deal州知事は、現時点ではカジノ合法化をサポートしない考えであるが、カジノ事業者がより現在想定の税率(GGRの12%)よりも高い税率(24-35%)を受け入れるならば、スタンスを考え直す準備があると発言。
州知事が自身の意見を明確にしたのは初めて。知事の強気スタンスは、Las Vegas Sandsの参戦を受けてのものだろう。

ジョージア州では、カジノ合法化の主目的は、大学奨学金(HOPE scholarship)、幼児ケア(pre-k class)など教育予算の確保(現在は州ロッテリーがサポート。GGR課税25%)。

Las Vegas Resortsのロビーイング側は、売上課税率12%をスタートポイントに引き上げ交渉に応じる構え。

カジノ、IR産業においては、未開拓の大きな商圏は多くはない。米国ではアトランタがその一つであり、世界では日本がその一つである。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る