米国:ニュージャージー州 スポーツベッティング合法化に向け、粘り強く活動

  • 2015/10/16
  • 米国:ニュージャージー州 スポーツベッティング合法化に向け、粘り強く活動 はコメントを受け付けていません。

ニュージャージー州Chris Christie知事は、引き続き、州におけるスポーツベッティングの合法化に取り組んでいる。州のカジノ産業の縮小、周辺州との競合に対抗するため。

米国では1992年Professional and Amateur Sports Protection Act(PASPA)により、スポーツベッティングはネバダ、オレゴン、モンタナ、デラウェアの4州以外では非合法となった。ネバダのみ完全な合法であ り、オレゴン、モンタナ、デラウェアは限定ベース。

これに対し、ニュージャージー州は連邦政府に合法化を求めている。一方、スポーツ5団体がニュージャージー州の動きを提訴し、8月に連邦裁判所はスポーツ団体を支持した。
しかし、14日の連邦控訴債のパネルは、8月の判断を棄却し、再びニュージャージー州の主張をヒアリングする方向となった。

このニュージャージー州のスポーツベッティング合法化の取り組みは、米国のほかの州にも影響する試金石である。連邦政府の判断が注目される。

一方、米国ではデイリーファンタシースポーツが急拡大しているが、スポーツベッティングと類似性があるとして、カジノ業界からその法整備を透明化するよう司法側に求める声が広がっている。
デイリーファンタシースポーツ業界は、その規模が大きくなり、またTVCMなどを通じて社会の認知関心が高まった。行政、規制関係者がその規制を検討する可能性がある。
American Gaming Associationは11月にスポーツベッティング、ファンタシースポーツに対して見解を発表予定。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る