米国:上位3州の9月の市場動向 – 月毎に一進一退だが、米国個人消費は緩やかに回復トレンド

  • 2015/10/31
  • 米国:上位3州の9月の市場動向 – 月毎に一進一退だが、米国個人消費は緩やかに回復トレンド はコメントを受け付けていません。

10月29日にネバダ州が9月の市場実績を発表。これで、コマーシャルカジノ上位3州であるネバダ州、ペンシルバニア州、ニュージャージー州が出揃った。

ネバダ州は9月は微増、直近12カ月累計は微減。中国人のバカラ利用の縮小幅が落ち着いてきた。
ペンシルバニア州、ニュージャージー州(アトランティックシティ)は主に東海岸ミッドアトランティックにおける車移動の顧客を主体とするが、9月は暦が良く順調。
とくに、ニュージャージー州(アトランティックシティ)は、昨年に4店が閉鎖し、8店の体制となり、需給マッチし、既存店の経営は改善。

ネバダ州-9月実績:
9月単月:
全体=$916.4mn、YoY1.5%増
うち、テーブル=$344.0mn、YoY7.6%増、スロット=$572.4mn、YoY1.8%減
うち、LV Strip=$504.8mn、YoY2.0%増

直近12ヶ月累計 2014年10月-2015年9月:
全体=$11,040.6mn、YoY0.9%減、
うち、テーブル=$4,105.0mn、YoY7.3%減、スロット=$6,935.6mn、YoY3.3%増
うち、LV Strip=$6,301.7mn、YoY3.6%減

ペンシルベニア州-9月実績:
9月単月:
全体=$253.5mn、YoY5.8%増
うち、テーブル=$$65.9mn、YoY11.3%増、スロット=$187.6mn、YoY4.0%増

ニュージャージー州-9月実績:
9月単月:
トータル=$230.1mn、既存店YoY10.8%増、全店YoY9.9%増
<内訳>
カジノゲーミング=$218.1mn、既存店YoY10.3%増、全店YoY9.5%増
インターネットゲーミング=$12.0mn、既存店YoY20.0%増、全店YoY17.3%増

1-9月累計:
トータル=$1,962.7mn、既存店YoY4.1%増、全店YoY8.4%減
<内訳>
カジノゲーミング=$$1,853.9mn、既存店YoY3.2%増、全店YoY9.5%減
インターネットゲーミング=$108.7mn、既存店YoY22.5%増、全店YoY15.8%増

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る