米国:G2E2015にてファンタシースポーツ問題が白熱 カジノ業界から不満噴出(2)

  • 2015/10/7
  • 米国:G2E2015にてファンタシースポーツ問題が白熱 カジノ業界から不満噴出(2) はコメントを受け付けていません。

9月29日から10月2日の3日間、米国ラスベガスにおいてグローバル・ゲーミング・エキスポ(G2E)2015が開催された。アメリカ・ゲーミング協会(American Gaming Association)とリード・エグジビションズ社による共同開催。
今回の注目点はIR体験、スキル要素スロット、ファンタシースポーツ問題など。イベントでは、カジノ業界の視点から、デイリーファンタシースポーツ問題の議論が盛り上り、カジノ業界から強い不満が噴出した。

ファンタシースポーツとは、実在するスポーツ選手を組み合わせて想像上のチームを作り、個々の選手の実際の成績をベースに、チームのパフォーマンスを競うゲーム。
デイリーファンタシースポーツは、シーズン通してではなく、オンラインサイトで毎日などの結果を競う。オンラインのプレイヤー課金はエントリー、情報、トレードなど。運営者は賞金を設定し、上位者に支払う。
DraftKings、FanDuelがデイリーファンタシースポーツ運営大手二社である。DraftKingsのアカウントを作成する際、参加者が求め られる情報はユーザーネーム、eメールアドレス、18歳(州により19歳)以上であるボックスのクリック、クレジットカード情報のみ。

ファンタシースポーツ市場は急拡大。Eilers Researchによれば、利用者の消費額(課金額)は、2015年には37億ドル、2020年には$177億ドルの見通し。

ファンタシースポーツは、法的な位置づけがグレイ、不明瞭との見方が根強い。ゆえに、徹底的な法令順守(ライセンス保有する州のみならず、それ以外の規制区域においても)を求められるカジノ業界はその市場に参入できず、若者の需要を奪われているとの危機感がある。

G2Eにおいて、カジノ業界の関係者の多くは、デイリーファンタシースポーツは実質上ギャンブルであり、スポーツベッティングと同様の規制下に置く べきとの見解を示した。また、デイリーファンタシースポーツ業界のセーフガードの脆弱性を指摘、マネーロンダリング、内部者によるインサイダートレーディ ングの懸念があるとした。

一方、デイリーファンタシースポーツ(DFS)業界は、自らをGame-Of-Skillの業界であり、ギャンブル、スポーツべッティングとは異なると主張。
G2Eにおいて、DraftKingsのCEOであるJason Robins氏は、1)2006年UIGEAにてファンタシースポーツがGame-Of-Chanceではなく、ギャンブルから除外された、 2)DraftKingsの参加者のうち、スポーツベッティングへの参加は15%未満に過ぎず、顧客層が異なる、をアピールした。

デイリーファンタシースポーツ業界は、その規模が大きくなり、またTVCMなどを通じて社会の認知関心が高まった。行政、規制関係者がその規制を検討する可能性がある。
American Gaming Associationは11月にスポーツベッティング、ファンタシースポーツに対して見解を発表予定。

なお、米国ではスポーツベッティングはネバダ、オレゴン、モンタナ、デラウェアの4州を除き、非合法である。

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る