米国:North American Gaming Almanac 2013年米国総ギャンブル市場は約11.6兆円、YoY2.7%増

  • 2015/10/10
  • 米国:North American Gaming Almanac 2013年米国総ギャンブル市場は約11.6兆円、YoY2.7%増 はコメントを受け付けていません。

7日、Casino City Pressは、Casino City’s 2015-2016 North American Gaming Almanac(年鑑)を公開、発売。同レポートは、2013年の北米(米国、カナダ)のギャンブル市場に関するレポート。2年遅れではあるが、総ギャン ブル市場を、法制管轄権毎に詳細にまとめる。
コンテンツは、各法制管轄権の法制、市場データ、プロパティ情報(立地、所有者ゲームポジション数、ホテル室数など)を含む。

ポイント(米国):
1)2013年の米国の総ギャンブル市場は$96.42bn、YoY2.71%増。約11兆5,704億円
2)総ギャンブル市場の構成は、カジノ&カードルーム(コマーシャル)が43%、インディアンカジノが29%、ロッテリーが25%、レース&スポーツベッティングが3%
3)ギャンブル市場の上位州は、ネバダ($11.45bn)、カリフォルニア($10.4bn)、ニューヨーク($6.07bn)、フロリダ($4.95bn)、ペンシルバニア($4.63bn)
4)2013年の成長率の上位は、オハイオ、メリーランド、ノースダコタ、メイン、ノースカロライナ、イリノイ

ちなみに、カジノIRジャパンが報告した通り、7月に2014年の米国カジノ市場のデータが明らかとなった。
2014年の米国カジノ市場(コマーシャル+トライバル合計)は$66.4bn、YoY0.8%増(約8兆円)。
米国市場は成熟、飽和市場。施設数の増加を背景に、市場規模は微増ペース。ただし、競争激化の結果、個別施設の収支は悪化する例も多い。

リーマンショック後のボトムとなった2009年以降の推移は以下の通り。

2009年:コマーシャル=$34.3bn、トライバル=$26.5bn、合計=$60.8bn
2010年:コマーシャル=$34.6bn、トライバル=$26.5bn、合計=$61.1bn
2011年:コマーシャル=$35.7bn、トライバル=$27.2bn、合計=$62.9bn
2012年:コマーシャル=$37.4bn、トライバル=$27.9bn、合計=$65.3bn
2013年:コマーシャル=$37.9bn、トライバル=$28.0bn、合計=$65.9bn
2014年:コマーシャル=$37.9bn、トライバル=$28.5bn、合計=$66.4bn(2014年末の施設数:コマーシャル=約500カ所、トライバル=459カ所)

Casino City Press該当ページ:
Casino City’s NORTH AMERICAN GAMING ALMANAC

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る