米国:Station Casinos LLCが再上場へ ラスベガスを基盤とする大手チェーンの一角

  • 2015/10/16
  • 米国:Station Casinos LLCが再上場へ ラスベガスを基盤とする大手チェーンの一角 はコメントを受け付けていません。

13日、米国の大手カジノ事業者であるStation Casinos LLCがIPOすると発表(Form S-1をSECにファイリング)。市場(NYSE、NASDAQ)、株数、価格は今後決定する。ドイツ証券、JPモルガンが主幹事。

Station Casinosは19の施設をラスベガスで運営、2つのインディアンカジノのオペレーションマネジメントを行う。大手チェーンの一角。

Station Casinosは1993年にNYSEに上場したが、2008年にプライベートエクイティファンドのLBOにより上場廃止となった。リーマンショック後の 経営悪化により、2009年に破産手続き(Chapter11)を経験したが、2011年6月に再編手続きを完了し、通常の企業として復活した。

現状のオーナーシップは、創業家であるFertittaファミリーが58%、ドイツ証券が25%を所有。
なお、Station Casinos傘下のカジノは、創業ファミリーのFertitta Entertainmentのマネジメント下にある。今後、Station CasinosはFertitta Entertainmentを$460mnで取得する。

Station Casinosは四半期の業績報告義務がある(債権者保護)。2015年1-6月実績は、売上高$680mn、YoY5%増、営業利益$143mn、 YoY24%増、株主帰属当期利益$68mn、YoY4%減。6月末のネット有利子負債は$2bn(2,400億円)。

米国は企業の新陳代謝が活発である。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る