英国:オンラインギャンブル 888 HoldingsがBwin.partyを買収へ。買収額1700億円

  • 2015/7/18
  • 英国:オンラインギャンブル 888 HoldingsがBwin.partyを買収へ。買収額1700億円 はコメントを受け付けていません。

17日、オンラインギャンブル運営の888 Holdingsは、Bwin.party Digital Entertainment(Bwin.party)を£898.3mn(約1,700億円)で買収することで合意した。

Bwin.PartyはGVC Holdingsおよび複数の事業者と身売り協議中と発表していた。先週、Bwin.partyはGVCと£906.5mnで身売り交渉中と発表したが、急転直下で若干低い買収提案であった888 Holdingsと合意した。

オンラインゲーミング業界では厳しい規制、高い税率、顧客獲得競争の中、スケールメリットを狙い買収が盛んである。

888 Holdingsはジブラルタル登録、2014年の売上高は約482億円、従業員数は1,300名。カジノゲーミング。ポーカー、ビンゴを主力とする。

Bwin.Partyはジブラルタル登録、2014年の売上高は約830億円、従業員数は2,300名。カジノゲーミング、ポーカー、スポーツベッティングを提供。

GVC Holdingsはマン島に登録、2014年の売上高は420億円、従業員数は700名。スポーツベッティングを主力とし、売上高の半分を占める。

欧州は個人主義、自己責任の考えが強く、ギャンブルに寛容である。スポーツベッティング、市中のスロットパーラー、オンラインカジノなど、米国やアジアでは制限されるギャンブル種が広く普及している。
ランドカジノは小型施設が500以上あるが、市場規模は小さい。
欧州の総ギャンブル市場は11兆円以上であるが、オンラインギャンブル市場は1.5兆円、カジノ市場は約7500億円に過ぎない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る