韓国:Paradise 6月売上高(外国人専用カジノ)前年比50%減 MERS、中国政府の取り締まり

  • 2015/7/8
  • 韓国:Paradise 6月売上高(外国人専用カジノ)前年比50%減 MERS、中国政府の取り締まり はコメントを受け付けていません。

6日、Paradiseが6月の売上高を発表。
6月単月=KRW20,187mn(約22億円)、前年同月比50%減、前月比66%減
1-6月累計=KRW257,509mn(約283億円)、前年同期比14%減

6月は前年同月比でも、前月比(5月比)でも急減した。

外国人専用カジノ市場の主要顧客は中国人であるが、急減の理由は、1)MERSによる韓国訪問の中止、2)中国政府によるにおける韓国カジノ業界の集客プロモーションの取り締まり、など。
MERSの影響が大きいことは間違いないが、中国政府のプロモーション規制の影響がどこまであったかが今後を占う上でのポイントとなろう。

現在、17ヵ所のカジノがあり、うち外国人専用が16ヵ所、内国人入場可能なカンウォンランドがある。内国人入場可能なKangwonLandと外国人専用カジノが市場を二分し、外国人専用カジノ市場の大半をParadiseとGKLが占有する。

現在3つの大型IRの建設が進行中。仁川空港周辺にはParadise&セガサミー、Caesars&Lippoの2つがあり、投資額はそれぞれ1400億円、2000億円級。済州島ではGenting Singapore&Landing International(Resorts World Jeju )があり、投資額はUS1.8bn(約2200億円)である。
さらに、2015年内に追加に二つのIR計画、事業者が選定される。

今回のParadiseの月次動向は、中国人市場に依存する経営体質のリスクが表面化した事象と言えるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る