IR事業コンソーシアム参画のすすめ(1)地域の発展や創生を願う地元企業にこそ大きなチャンス

  • 2015/7/21
  • IR事業コンソーシアム参画のすすめ(1)地域の発展や創生を願う地元企業にこそ大きなチャンス はコメントを受け付けていません。

日本におけるIR実現、IR推進法案の原動力となるべき主体の一つは、日本の産業界である。しかし、日本企業の多くはIRの目的である観光、文化発信、地域創生に共感し、そのビジネスチャンスに強い関心を持つものの、IRに関わる事業活動を水面下にとどめる傾向がある。社会におけるIRへの理解が高まり、IR推進法案が成立するまでは、「レピュテーションリスク」があり、目立つのは得策ではないとの判断である。

日本産業界の姿勢、IR推進法案成立のエネルギーは「鶏と卵」の関係である。現在、IR推進法案の推進役はIR議連や地域の誘致グループなどであるが、産業界の支持の声が小さいゆえに、孤軍奮闘とならざるを得ない。

本連載はIR事業コンソーシアムについて考察し、日本企業に参画をすすめる。IR事業コンソーシアム参画のビジネスチャンスは大企業や外国カジノ事業者のみのものではない。
地域の発展や創生を願う地元企業にこそ大きなチャンスがある。

カジノIRジャパン運営 キャピタル&イノベーション株式会社 小池隆由

第1回 誘致活動=IR事業。事業化の肝は地元力

IR制度は地元企業の参画、イニシアティブを強力にサポートへ

IR事業コンソーシアム(以下「コンソーシアム」)は原則として、複数企業の共同出資による新設合弁会社が想定される。日本のIR制度の方向性を考慮すれば、事業化のポイントは、1)コンセッション(営業権、許認可)獲得、すなわち国の地域選定、自治体の事業者選定こそが成否を決定、2)国の地域選定、自治体の事業者選定を勝ち抜く原動力はIR誘致と当該コンソーシアムに対する地域社会の支持の大きさ、3)投資リスクは限定的、リターンは大きい、と考えられる。

逆に、IR事業への参画において、企業体力(資金力)、経験ノウハウを過度に重視する必要はない。コンセッション獲得まで大きな投資は生じ得ず、コンンセッション獲得後にはコンセッションそのものが資金調達と経験ノウハウ調達を強力にサポートするためである。
コンソーシアムへの参画は、大企業や外国カジノ事業者でなくとも十分に可能である。

一般論として、事業が成功した場合のリターンおよびエクイティは、事業成功の貢献度の大きさにより決定するはずである。繰り返しになるが、IR事業を成功に導く原動力は、地域社会の合意形成力と支持である。
地域社会の一員、運命共同体として信頼を積み上げてきた地元企業こそが大きな役割を果たす。地元企業によるIR誘致活動は、IR事業化の活動そのものである。

日本のIR制度の方向性は、地元企業の参画を強力にサポートする。地元企業がコンソーシアムのイニシアティブをとるべきである。

コンソーシアムの4つのフェーズ。事業リスクは限定

フェーズⅠ 国による地域選定
フェーズⅡ 自治体による事業者選定
フェーズⅢ 不動産開発・運営体制整備
フェーズⅣ 開業後運営

IR事業コンソーシアムのフェーズは上記の4つに大別される。このうち、Ⅱ)以降のフェーズは、Ⅰ)で国から選定されなければ存在しない。また、Ⅲ)以降のフェーズはⅡ)で自治体から選定されなければ存在しない。

コンソーシアムの不成功とは、Ⅰ)またはⅡ)の段階で選定されない場合である。この場合、コンソーシアムの投資は、主として、地元の合意形成活動、自治体に対するRFC(Request For Concept)、RFP(Request For Proposal)への対応コストである。あくまでも資料作成コストであり、大型投資にはならない。つまり、リスクは限定的である。

一方、Ⅱ)を勝ち抜いてコンセッション(営業権、許認可)を獲得できれば、コンソーシアムはⅢ)において初めて大型投資を行うことになる。この時点では、コンソーシアムはコンセッションをテコに、資金調達し、ノウハウやリソースを調達し、Ⅲ)Ⅳ)を実現できる。

コンセッションがⅢ)Ⅳ)実現のエンジンとなる背景は、第一に、日本のIRは制度上、大きなキャッシュフロー(利益)が確実視されること。すなわち、コンセッションそのものが資金調達力に直結すること。第二に、IRの個々のコンポーネント(カジノ部分を含めて)の開発・運営ノウハウは世界的に標準・流動化が進んだコモディティであること。すなわち、豊富な資金があれば、ヒト・モノを通じて獲得可能であること。

日本のIR事業は大きな利益が確実視される

日本のIR事業は許認可による権益事業である。IR事業の収益力は、商圏の経済力(個人金融資産、可処分所得)と施設数でおおむね決定する。日本のIR法制度は、政府が施設総数をコントロールし、大きな商圏に単一あるいは少数のIRを設置する方向(*1)。IR事業の大きなキャシュフロー(利益)は確実視される。

アジア各国のIR群が政府による施設数コントロールの結果、一様に大きな利益を享受しているのと同様である(州ごとの厳しい競争の結果、収益性が低下した米国とは対照的に)。

IR議連の幹部は、将来的なIRの設置数は最大10ヵ所ほど、道州制をベースとした広域ブロックに1つずつを想定している。日本の広域ブロックはそれぞれ大都市を含む大型経済圏であり、どのIRも規模の差こそあれ、世界的にも大型施設に位置付けられる。

 

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る